スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)

 民主党の山本剛正(ごうせい)衆院議員(当選1回、比例九州)は18日、小沢一郎同党幹事長の資金管理団体の土地購入事件で元秘書らが逮捕されたことについて、「小沢幹事長は検察の事情聴取を受けるべきだ」と語った。17日付産経新聞朝刊1面のコラム「民主党議員は腰抜けか」に反論するとしている。山本氏の発言は以下の通り。

 「幹事長はやましいことがないのなら出るところに出て、検察の事情聴取を正々堂々と受けるべきだ。男なら男らしく、自分でケリをつけるべきだ。それが小沢幹事長らしさでもある。小沢幹事長に辞任を求めるつもりは毛頭ないし、小沢幹事長を信じている。国民の期待を損なわないためにも幹事長は身の潔白を証明してほしい」

 「国民からすれば裏切られたという不信がある。今の説明では明らかに足りない。政治家の出処進退は本人が決めるものだが、幹事長に世間を騒がした責任があるのは間違いない」

 「党大会で誰も発言しなかったのは、あの場でものを言うのは場違いで、スタンドプレーに過ぎないからだ。私はいつでも実名で取材に応じる」

 山本氏は昭和47年生まれ。衆参議員秘書などを経て、昨夏の衆院選では麻生太郎前首相と同じ福岡8区で立候補。比例九州ブロックから復活当選した。

【関連記事】
民主党議員は腰抜けか 小沢氏「続投宣言」に無言
岡田外相が小沢氏を擁護「今、説明責任問うのは酷」
政治資金規正法違反は有権者欺く「実質犯」 「形式犯」ではない
小沢氏問題で民主に「暗闘の予兆」 世論調査結果に動揺
小沢氏元秘書の議員ら“沈黙” 「徹底追及」と野党

「原則に戻れ」小泉元首相が参院選アドバイス(産経新聞)
震災意識調査 働き盛り、災害に無防備?(産経新聞)
学テ「自主参加希望」47%…市区町村調査(読売新聞)
石川議員元秘書「証拠持ち出した」と上申書(読売新聞)
首相動静(1月19日)(時事通信)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。